<代表>

髙野 大地(Daichi TAKANO)


- 資格 -

 - 一級建築士

 - 認定コンストラクション・マネジャー(CCMJ)


- 略歴 -

 福島県生まれ、山形県育ち。北海道大学にて建築を学んだ後、単身ロンドンに渡り修士号を取得。大学院卒業後はデンマークに拠点を移し、建築設計事務所(BIG)にて設計者としてのキャリアをスタート。スイス(HHF)や日本の建築設計事務所にも勤務し、主にスポーツ施設や空港等の大規模建築物の意匠設計を担当。その後、建築系コンサルティング会社に転職し、復興支援まちづくりや民間工場の再編計画など、官民の枠を超えて各種建築マネジメント業務(PM/CM)に取り組み、2016年独立。

 現在は仙台を拠点に、建築の専門家として建築計画に関わる一方で、社会起業家として地方創生まちづくりにも取り組んでいる。特にスポーツを活かして地域課題・社会課題を解決する「スポーツによるまちづくり=スポーツまちづくり」を掲げ、”東北をスポーツでアツくする!”をモットーに日々奮闘している。


- 役職・役割 -

 2016.08- 髙野大地建築企画 代表

 2017.04-2018.03 地域創生アドバイザー(山形県村山市)

 2017.04- まちづくり専門家(宮城県仙台市)

 2020.07- 日本CM協会 東北支部 幹事

 2020.10- 第二回女川町復興連絡会議 観光交流委員会アドバイザー

 2021.04- 地域力創造アドバイザー(総務省)